◆ 玄品ふぐ(白子焼き・ひれ酒)
b0008289_1965289.jpg
昨晩、母は胸の苦しさを訴えました。
心臓の発作というのではなく、胸がつかえたような苦しさのようでした。
肥満で布袋様のようなお腹をしているのですが、両乳房の下辺りが膨れ、そこが苦しいと言うのです。
その膨れた部分が肥満によるものなのか、別のものなのかは分かりませんでしたが、「悪性腫瘍」という言葉が脳裏を過りました。
もう何時その時が来てもおかしく無い年であることを頭では理解している積りですが、心はそのことを受け入れられないままでおります。
余計なことを考えて眠れぬ夜を過ごし、かかりつけの医院へ送って行きました。
尿を採取し、採血してレントゲンも撮り、医師の診断は「ガスが溜まっている」というものでした。
膵臓炎も認められましたが、程度は軽微なようです。
今までも何度か「覚悟を決めなきゃいけないか…」と思うことがありましたが、その度に救われて来ました。
おかげさまで、今回もそのようであります。
有難いことであります。

さて、ふぐシリーズ第二弾。
白子焼きひれ酒でございます。
玄品ふぐでは、白子焼きはタレ醤油を撰ぶことができます。(写真は「醤油」)
中身がトロッとした白子焼き、珍味でございます。
ひれ酒は飲む直前に火をつけると風味が増すそうであります。
私的に、ふぐを食べに行ったときには、この「ひれ酒」は欠かせません。
[PR]
by uncleXML | 2006-02-07 20:33 | お店(飲食)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 玄品ふぐ(焼きふぐ) 玄品ふぐ(ぶつ刺し) >>