◆ ペナンからのメール
「ペナンに移住した」というメールが届きました。
差出人は、私が最初に就職した会社の上司だったエヌ氏
余り人を尊敬することのない不遜な私が尊敬する数少ない一人。
今まで食うに困らない人生を送って来れたのもエヌ氏に出会ったおかげと感謝しております。
「何でまた?」との問いに、「日本の体制、生活のし辛さに絶望している」との答えが返って来ました。
確かに年金問題とか自分も高齢者になったときのことを考えると暗澹たるものがあります。
長年収めた年金が自分に還流しない(かも知れない)のも納得できませんが、もっと頭に来るのは、その年金資金で公僕(公務員)の住宅を建てて格安で住まわせるとか、年金資金を何億も投じて建設した施設が大赤字でタダ同然で売却されるなどの捨て金に使われてしまったことであります。
この件に関して、責任を取った役人は一人もいません
祖国を捨てて海外に移住したくなるのも宜なる哉であります。
私もあと10年定年を迎えます。
2年前、『次に年男になるときには定年か…』とそのことを実感しました。
そろそろ本気でそのときのことを考えておかなければ、と思うのであります。
因みに、以前「リタイヤしてオーストラリアに住む」テレビ番組がありましたが、エヌ氏によれば、8,000万円程度の資産がないとリタイアビザを取得できない(住まわせてくれない)そうであります。
それだけの資産があれば、日本で悠悠自適に暮らせると思うんですがね…。
[PR]
by uncleXML | 2006-01-25 21:03 | その他いろいろ
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< ムスカリ ホリエモン逮捕 >>