◆ サン・ラザール駅
b0008289_20111837.jpg
印象派を代表する画家、クロード・モネといえば、睡蓮が有名ですが、こちら(↑)はパリのサン・ラザール駅を描いたもの。
1996年、東京で開催されたオルセー美術館展の記念に買い求めたキャンバス地のポスターでございます。
1998年の春、フランスを旅行した折にオルセー美術館を訪れたときにもこの絵と再会しました。
私のお気に入りの一枚であります。

※追記(2006/01/13)
私がパリに行ったとき、オルセー美術館では特別展「マネ・モネ展」が開かれておりました。
印象的だったのは、エドゥアール・マネサン・ラザール駅 (The Railway)に再会したことであります。
この絵はワシントン・ナショナルギャラリーに所蔵されており、この特別展のためにパリに来ていたのでした。
このとき以前、私は東京の展覧会で同じ絵を観ていたのであります。
偶然とはいえ、本来展示されている場所ではない2ヶ所、しかも違う国で同じ絵に出会ったのでございます。
なにか「縁」のようなものを感じずにはいられませんでした。

[PR]
by uncleXML | 2006-01-12 20:46 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 本ができた(その2) みぞれ鍋 >>