<   2009年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
屋根の上の守り神
b0008289_20311769.jpg
ならまちを散策するとき、たまには目線を上げてみましょう。
そうすると、屋根の上にこんな守り神(?)がいたりします。
鍾馗さんでしょうかね…。

[PR]
by uncleXML | 2009-01-30 04:35 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
八王子四之室神社
b0008289_20235591.jpg
(2009/01/25 撮影)
奈良の路地を彷徨っていると、突然お社に遭遇することは珍しくありません。
そして、それはさりげなく街に溶け込んでもいます。
かたちゃんさんと別れて少し歩こうと、今まで通ったことのない路地を歩き出すといきなり小祠。
そこには「八王子四之室神社」とありました。
小さいながらもしっかりした作りの屋根を見ただけでただならぬ気配を感じます。
由緒を見ると、八王子と四之室(ヨノムロ)の両社をお祭りしているとのこと。
八王子は私が最も崇敬するスサノオの八子神であることはすぐに分りましたが、四之室のご祭神は春日大社第四殿の姫大神であるとか。
八坂、八剣、八千矛など、「八」という数字はスサノオに縁の深い数字なのですが、八王子もそのひとつ。
私の愛読書である「消された覇王」では八王子のうち七人までは特定できるとしています。
即ち、
○八島野(ヤシマノ)
○五十猛(イタケル)
○大屋津姫(オオヤツヒメ)
○抓津姫(ツマツヒメ)
○大歳(オオトシ)
○磐坂彦(イワサカヒコ)
○須勢理姫(スセリヒメ)
の七人。
この中の第五子である大歳が大和の大王となるニギハヤヒであり、末子相続制に基づいて須勢理姫がスサノオ家の跡取りとなり、入り婿として迎えられたのがオオクニヌシであるとも書かれております。
面白いですね、神話にされてしまった時代の話は。
スサノオと同じくらい崇敬している偉大なるニギハヤヒ。
勿論、お参りさせていただきました。

[PR]
by uncleXML | 2009-01-28 04:35 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
かたちゃんにお会いできた日
b0008289_20232321.jpg
土曜出勤明けの25日(日)は朝から時折吹雪く荒れ模様。
買い物や家の用事を終えて、そそくさと奈良へ。
かたちゃんさんのブログで最近猿沢池にカワセミが出没するというのを知って、「私も是非見たいぞ」ということで。
奈良に着いたのは16時過ぎで、気の急く私は母にゆっくり歩いて来るように言い残してひと足先に。
さほど大きな池ではないので、『ひと周りすれば会えるだろう』とキョロキョロすれども姿は見えず。
丁度一周したときに母を発見して声をかけようとした途端に『がんさんですか?』の声。
『え゛?』と思って見れば、見知らぬご婦人。
『私が誰か分りますか?』と問われ、頭の中では『きっと…』と思いつつも咄嗟のことに名前が口に出ない…。
『かたちゃんです』と言われて、『あ、やっぱり』。
カワセミが現れるのを待ちながら、母と3人で暫し歓談。
残念ながらカワセミには会えませんでしたが、予想外の出会いがあってなんだか嬉しい一日。
猿沢池には野鳥が増えましたね。
以前はアオサギくらいだったのにコガモやセキレイが目立っておりました。
b0008289_20233493.jpg
▲猿沢池のコガモ

[PR]
by uncleXML | 2009-01-27 04:35 | 喜(き)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
茶房 暖暖(のんのん)
b0008289_2131057.jpg
▲小豆茶粥(左)とほうじ茶粥(右)
奈良の定番といえば「柿の葉ずし」か「茶粥」。
しかし、どこの喫茶店に入ってもメニューに「わらび餅」があるのに対して、気軽に茶粥をいただけるお店は案外少ないのではないでしょうか…。
庚申堂にお参りし、ふと横を見ると「茶粥」の看板。
それが暖暖(のんのん)さんでした。(地図は、こちら
こちらの茶粥は「ほうじ茶粥」と「小豆茶粥」の2種類があるので両方を注文し、例によって半分ずついただくことに。(焼いたかき餅は砕いてトッピング)
一度に両方楽しめて、なんだか得した気分。
疲れたときにはお腹に優しい茶粥もよろしうございます。
b0008289_2132478.jpg
▲味のある入口付近
b0008289_2134197.jpg
▲茶房 暖暖(のんのん)

[PR]
by uncleXML | 2009-01-25 07:47 | お店(飲食)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
陶板
b0008289_20301256.jpg
こちらは、数年前に倉敷アイビースクエアに宿泊した折、敷地内にある愛美工房売店で求めた陶板。
アイビースクエアの玄関が描かれております。
館内の廊下には柱ごとにこのような陶板が飾られていて、良い雰囲気を醸し出しておりました。

[PR]
by uncleXML | 2009-01-23 04:37 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
cafe NiNE STORiES
b0008289_20252377.jpg
▲シーザーサラダ
石上神宮にお参りした折、「LOVE 奈良 cafe」でお昼をいただくお店を物色しておりました。
で、幾つかあった候補の中から決めたのが「cafe NiNE STORiES(カフェ・ナインストーリーズ)」さん。
決め手は「駐車場がある」ってことだったんですけどね…。
母は「シーフードドリアセット(スープ付)」、私は「ナスうんたら(←失念)ピッツァセット(シーザーサラダとコーヒー付)」をオーダー。
味は、普通かな…。
b0008289_20253825.jpg
▲ナスうんたら(←失念)ピッツァ
b0008289_20254892.jpg
▲シーフードドリア
b0008289_20255995.jpg
▲cafe NiNE STORiES 店内

[PR]
by uncleXML | 2009-01-22 04:42 | お店(飲食)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
イワシのピカタ
b0008289_210445.jpg
『今夜は何にしようかな~?』と思いながら近鉄生駒店へ行ってみると、ウルメイワシの開きがあったのでイワシのピカタに決定。
イワシは塩で下味を付け、両面に小麦粉をまぶして溶き卵にくぐらせ、フライパンで焼くだけ。
超簡単ですが、イワシの臭味も無く、かなり美味しい。
付け合せはポテトとインゲン。
あとはホウレンソウのおひたしとスライストマト。
ま、うちの夕食はこんなもんでございます。
なんてことはさておき、母の誕生日(15日)の朝、『胃の辺りが気持ち悪いな~』と思いながら会社に行くと昼前頃から熱っぽい…。
身体の節々が痛み出して、『あ、こりゃあかんわ…』てことで早退…。
帰宅して熱を測ってみると、37度5分…。
翌日(金曜日)は有給を取り、熱は下がったようなので土曜日に母を近大病院へ送って行ったものの、腹に力が入らない…。(母は特に異常無し)
そうこうするうちに完全にお腹が壊れ、えらいことに…。
そして、微熱が…。
月曜日もスッキリしないので有給を取りつつも、厄介な仕事が待っているのは分っていたので「そろそろ出番かな…」と昨日(火曜日)は出社。
朝はまだ重心が定まらない感じでしたが、一日が終ってみるとなんとか…。
ま、そんな感じでした。(風呂入りて~!)

[PR]
by uncleXML | 2009-01-21 04:39 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
75回目のバースデー
b0008289_20202284.jpg
本日は母の75回目の誕生日。
昨年末はちょいとばかしハラハラしましたが、こうしてまたひとつ齢を重ねられることは本当にありがたいことでございます。
本人は「もう年を取るのは嫌だ」と申しますが、年を取らなくなったら人生終っているわけで、年を取れることは喜ばしいことではありませんか。
おめでとうございます。
そして、ありがとうね。

[PR]
by uncleXML | 2009-01-15 04:35 | 喜(き)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
石上神宮の鶏
b0008289_19381485.jpg
石上神宮に着いたのはお昼少し前。
境内にはけたたましい鶏の鳴き声が響いておりました。
『そうそう、ここには鶏が沢山いたんだよな…』と以前参拝したときのことを思い出し、調べてみると元々は誰かが捨てた鶏が野生化し、今では神の使いとして育てられているのだとか。
とても元気な鶏達で、勢いよく走り回ったり木の上に飛び上がったりしています。
また、胆も据わっていて人間のみならず、猫さえ恐れないといいます。
走り回る鶏の姿も最近は見かけなくなりましたね。
b0008289_19382755.jpg
▲木の上でお昼寝中
b0008289_19384094.jpg
(2009/01/11 撮影)

[PR]
by uncleXML | 2009-01-14 04:32 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
石上神宮(いそのかみじんぐう)
b0008289_21435084.jpg
▲楼 門
大神神社と共に日本最古の神社である石上神宮
古来、国家の重大事には天皇が自ら行幸され、国家の鎮護を祈られたといいます。
神宮皇后の372年に百済王が奉った国宝の「七支刀(ななつさやのたち)」を始めとして、その神庫はあたかも国の宝物館のようであったと伝えられますが、何と言っても最高の宝はスサノオがヤマタノオロチを斬ったという「布都御魂剣(ふつみたまのつるぎ)」と大歳(オオトシ、のちのニギハヤヒ)を大和へ送り出す際にスサノオが餞別として授けた「十種神宝(とくさのかんだから)」ではないでしょうか。
神話の中で伝えられるこれらの品は、明治7年、拝殿の後方、「石上布留の高庭」と呼ばれる瑞垣内の地で実際に発掘されたのであります。(従って、荒唐無稽な神話などではない)
私がスサノオやニギハヤヒが実在したことを信じる根拠は、このような考古学的事実にもあります。
尚、私の愛読書である「消された覇王」では、ご祭神の「布都御魂(ふつのみたま)神」をスサノオの父、「布都斯御魂(ふつしみたま)神」をスサノオ、「布留御魂(ふるみたま)神」をニギハヤヒであるとしています。(配祀されている「宇摩志麻治(うましまじ)命」はニギハヤヒの長男)
本日、このありがたい神社にお参りして来ました。
なんだか安心しますね。
●交通安全ステッカー:300円
b0008289_21441357.jpg
▲拝 殿
b0008289_21443655.jpg
写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

[PR]
by uncleXML | 2009-01-11 22:33 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位