<   2006年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
霊芝(レイシ)
b0008289_2046445.jpg
サルノコシカケ科、別名:万年茸(マンネンタケ)
中国では「不老不死の仙薬」とされてきたこの茸、相国寺瑞春院の庭園を拝見したときに見つけました。(ていうか、ガイドの方が教えてくれたんですけど)
鳥避けのために柵をしてありましたが、不老不死と聞けば鳥ならずとも食ってみたいものでございます。

[PR]
by uncleXML | 2006-08-31 04:37 | 花鳥風月・季節物
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
相国寺
b0008289_20213487.jpg
改めて、相国寺(しょうこくじ)。
このお寺は、日本人なら知らない人はいない(であろう)金閣寺や銀閣寺を束ねる臨済宗相国寺派の大本山であります。
とはいえ、普段は一般公開されていない(境内への出入りは自由。車に注意)ので、知らない方もおられるかも知れません。
毎年、春と秋に法堂(↑)の鳴き龍、方丈の襖絵と庭園、および浴室が公開されていますが、今年の秋の公開は9月15日から12月8日までとなっております。
●特別参拝料
○一般:800円
○65歳以上・中高生:700円
○小学生:400円

[PR]
by uncleXML | 2006-08-30 04:36 | 名所(京都)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
Papa Jon's
b0008289_20103290.jpg
もうお気付きの方もおられると思いますが、先週末、ロゴ写真を張り替えました。
その舞台となったのがこちら、Papa Jon's でございます。
相国寺瑞春院の見学を終えるとお昼を少し過ぎていたので、門前にあるこのお店でチキンピタサンドアイス・アールグレイ・ティーをいただいたのであります。(サンドイッチの写真は、ございませぬ…)
同志社大学が傍にある所為か、若いピチピチのおねいちゃんが大勢出たり入ったり…。
人気のお店のようでした。(特にケーキ)
中高年のおっちゃんにもオススメのお店でございます。
b0008289_2154952.jpg

[PR]
by uncleXML | 2006-08-29 04:35 | お店(飲食)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
大橋家庭園(苔涼庭)
b0008289_21125157.jpg
こちらは、水琴窟の涼音と京町屋をたずねてのコースのひとつ、大橋家庭園(苔涼庭)でございます。(見えている細長い灯籠は、朝鮮灯籠)
自宅に帰る方向なので、京都から伏見へ車でブ~っと。
因みに、伏見を訪れるのは今回が初めて。(母は昔来たことがあるそうです)
こちらは、普段も生活をしておられるお屋敷で、玄関とお庭と庭に面した座敷を特別に公開されております。
このお庭にある水琴窟は、京都では一番古いものだそうであります。
b0008289_21181228.jpg
←菊花型の
この下に水琴窟が設えられております。
お庭にはふたつの水琴窟がありますが、こちらはやや低めの音色がします。
右端の下から伸びている竹筒に耳を当てるとよく聞こえるようになっております。
b0008289_21484495.jpg
(↑)常盤灯籠(左上)と下り蹲(右下)。
この富士型の下り蹲の下にも水琴履があります。
こちらは、透明感のある高い音色でした。
●拝観料:500円
[PR]
by uncleXML | 2006-08-28 04:35 | 名所(京都)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
相国寺瑞春院(雁の寺)
b0008289_22105069.jpg
水琴窟の涼音と京町屋をたずねてというバスツアーがございます。
参加料金が9,000円というのを見て、「うむ、ちと高いな…」と思っていたら、「ツアーコースアイテムの一部は個人でも見学できる」とありました。
それなら拝観料だけで済むので安上がり。
個人行動なので時間に縛られず、勝手に行動できるし。
残暑厳しき折、水琴窟の音色に涼を感じるのもまた一興と、車で相国寺へ向かったのであります。
瑞春院(↑)は、水上勉の直木賞受賞作「雁の寺」の舞台となった、相国寺の塔頭寺院。
まず目を引いたのは、前庭の百日紅(↑)でした。
b0008289_2242114.jpg
こちらの庭園(↑)は昭和に作られたものながら、夢窓国師(疎石)の作風を取り入れた室町時代風の池泉回遊式庭園となっており、約1千坪の庭の中央に心字型の池を配し、東側には観音霊場にみたてた33個の赤石の滝組があります。
b0008289_22354092.jpg
池のほとりには表千家不審庵写しの茶室「久昌庵」があり、この茶室への入り口にあるが水琴窟となっております。
静かに耳を澄ますと微かに涼音が聞こえ、地中に差し込まれた竹筒に耳をつけるとはっきりと良い音色が聞こえるのであります。
●拝観料:600円
瑞春院の公開は、9月30日まで

[PR]
by uncleXML | 2006-08-27 05:41 | 名所(京都)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
キンカンの実
b0008289_21385129.jpg
今年もキンカンの実が膨らんで来ました。
しかし、立派な実が沢山できた昨年に比べると、実の付きが悪いような気がします。
また蕾が出てきているので、それらが良い実になることを期待するのですが、sakanaさんによればこれから咲く花には実がつき難いそうであります。
どうなりますかね…。

[PR]
by uncleXML | 2006-08-26 06:35 | ガーデニング
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
元興寺地蔵会万燈供養(その2)
昨日に引き続き、元興寺地蔵会万燈供養の様子でございます。
b0008289_2151721.jpg
元興寺極楽坊須弥壇
b0008289_2110719.jpg
献灯揮毫行灯
b0008289_21111197.jpg
子供達の踊りに心が和みます。
この子達の未来に幸あれ。
b0008289_21122158.jpg
母と私の無病息災を祈念して、合掌。

[PR]
by uncleXML | 2006-08-25 04:35 | 歳時記
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
元興寺地蔵会万燈供養
b0008289_21535455.jpg
古都の宵は、ゆっくりとした時の流れ。
元興寺地蔵会万燈供養
平成18年 8月23日(水)・24日(木) 17:30~21:00
拝観料:無料

※tomoさんの写真館にころもがえ(*^_^*)にTB。
彼女の記事を読まなければ、この行事を知らずにいるところでした。
改めて、お礼を申し上げます。
b0008289_21574256.jpg

[PR]
by uncleXML | 2006-08-24 04:36 | 歳時記
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
東大寺指図堂
b0008289_2134745.jpg
先日の戒壇院は予想以上の方がご存知で、お見逸れ致しました。
ではこちら、指図堂は如何でしょうか?
東大寺の境内案内図にも載っておりませんが、勧進所と大仏殿の間にある黄色で小さく示された場所がそれだと思います。
誰でも勝手に上がれるお堂で、中(左手奥)には綺麗な仏様が安置されております。
縁側に座り、蝉の声を聞きながら風に吹かれていると、忘れかけていた子供の頃の記憶が蘇ります。

[PR]
by uncleXML | 2006-08-23 04:35 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
風見鶏の館
b0008289_20195075.jpg
b0008289_2020257.jpg以前から一度訪ねてみようと思っていた神戸の異人館。
てことで、風見鶏の館(→)へ。
横浜に住んでいたときに山手の洋館とか旧岩崎邸などを見ているので、異人館が珍しいわけでもないのですけどね。
長崎のグラバー邸も見たし、明治村にも行ったし、アメリカやヨーロッパだって何度も…。
そんな私に職員のおばさんが、自慢そうに『この館はドイツ人の3人家族が住んでいて、敷地が607.3m2もあって…』と『どうよ』とばかりに話し掛けて来るのを聞いて、ちょっと可笑しくなってしまいました。
田舎から出て来て舞い上がっているおっちゃんにでも見えたのでしょうかね…。(実際、田舎住まいなんですけどね)
神戸と横浜、同じ港町でもそれぞれその街固有の雰囲気がありますね。
機会があったら、神戸の街をゆっくり見て回りたいと思います。
 

[PR]
by uncleXML | 2006-08-22 04:39 | 名所(その他)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位