<   2005年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
オキザリスの花芽
b0008289_185425100.jpg学名、オキザリス・ベルシコロール (Oxalis versicolor)
今年も花芽が出ました。
ご覧のように、花弁をクルクルッと巻いて閉じた状態は、パラソルのようであります。
また、葉はとても柔かい感じがします。
この花弁に惹かれて買って以来、毎年沢山の花を咲かせてくれます。
うちに来て、もう4~5年になるでしょうかね。
昨年横浜から一緒に越して来たこの花、私が出勤した後に開き、帰宅する前に閉じてしまいます。
なので、私は休日にしか見ることができないのであります。
[PR]
by uncleXML | 2005-11-30 20:07 | ガーデニング
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
年末ジャンボ宝くじ
b0008289_20492120.jpg今年も買ってしまいました、年末ジャンボ宝くじ
何枚買ったのかは秘密です。
今まで当たった最高額は3千円なので、自分には向いていないと思いつつも性懲り無く…。
般若寺で買った宝くじ入れ(→)に入れ、仏壇に置いて1等が当たるよう、お祈りしました。
みずほ銀行には相当預けて来たのですから、そろそろ引き出せても良いと思うのですがね。
タンマリと利子を付けてもらって…。
[PR]
by uncleXML | 2005-11-29 21:03 | その他いろいろ
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
談山神社の紅葉
b0008289_2025128.jpg
b0008289_20253034.jpg大和の国を代表する紅葉の名所、談山神社
乙巳の変の立役者で、百済王朝の子孫とも比定される藤原氏の始祖、藤原鎌足を祀る神社であります。
その子、不比等は正史とされる日本書紀を編纂し、その中で藤原氏に都合の良いように日本の歴史を改竄したとか、その後何代にも渡って政治を私し、日本を乗っ取ろうとしたと聞けば、余り好感は持てないわけでありますが、紅葉に責任はございません。
評判通りの美しさでありました。
(2005/11/20 撮影)

まほろばの国からさんの談山神社の紅葉にTBのお返し。(2005/12/04)

[PR]
by uncleXML | 2005-11-28 21:35 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
光明寺の紅葉
b0008289_20185564.jpg
b0008289_2019820.jpg午後から出社しなければならないことが分かっていても、朝から長岡京へ紅葉狩りに行ってしまうがんさんでございます。
今日の目的地は、光明寺
数日前、めざましテレビでこちらが中継されていて、紅葉のトンネルと紹介されていました。
それを見て、「ここは行っとかなあかん」と思った次第であります。
時間が勿体無いので、コンビニで朝食用のおにぎりゆで卵野菜ジュースお茶を買っていざ出発。
期待通り、美しい紅葉のトンネルでございました。
●拝観料:500円
●ご朱印料:300円
●駐車料金:500円
●念珠(虎目石)の携帯ストラップ:900円

帰宅後、会社へ。
昨夜連絡があって、なにやらアクシデントが発生した模様であります。
原因をつきとめ、とりあえず解決。
「私のプログラムの所為か…」と内心不安に思っていましたが、原因は別の所にありました。
何はともあれ、解決できて良かったです。
午前中存分に紅葉を楽しみ、気分爽快になって午後はお仕事。
こういうライフスタイルも悪くないですね。
[PR]
by uncleXML | 2005-11-27 20:46 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
金閣寺の紅葉
b0008289_2041993.jpg
越前からの帰途、立ち寄ったのは金閣寺
実は久し振りに高山寺に行こうと向かったのですが、満車でどうにもならず、急遽行き先を変更したのでした。
とはいえ、金閣寺も久方振り。
数年前のお正月に横浜から来たとき、丁度修復中で見られませんでしたから、最後に訪れたのはいつだったか記憶にありません。
昔に比べて随分近い位置から拝見できるようになりましたね。
普段は閉じられている一層目も開かれていました。
紅葉はこんな感じ(↓)。
背景の金閣、お分かりでしょうか…。
それにしても、今年の京都は例年以上に大勢の人出であります。
(2005/11/19 撮影)
b0008289_20424511.jpg

[PR]
by uncleXML | 2005-11-26 21:02 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
東尋坊
b0008289_1925161.jpg
越前松島を後にして、向かった先は東尋坊
到着したとき、どんよりしていた空に陽射しが戻って来ました。
越前松島のときより海が青いですよね(↑)。
向うに見えるのが雄島

●お土産は:
○鰯のへしこ
○岩のり。
○いかめし。

地球が丸いことが良く分かる水平線(↓)。
広角で撮影した所為でしょうね。
相変わらず波は荒く、唐招提寺で拝見した東山魁夷の障壁画「濤声」を想い起こさせる風景でありました。
b0008289_19342858.jpg

[PR]
by uncleXML | 2005-11-25 20:36 | 名所(その他)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
越前松島
b0008289_2064252.jpg
民宿あらやさんのすぐ傍にある国定公園・越前松島
転勤から1年半以上を経て、久々に見る水平線。
前日の雨模様が少し残り、どんよりとした空に鉛色の海。
長年親しんだ湘南の海と違って波も荒く、越前地方の冬の厳しさを感じさせるものでありました。
[PR]
by uncleXML | 2005-11-24 20:35 | 名所(その他)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
東福寺の紅葉
b0008289_2036393.jpg
ヒロさんの東福寺にTB。

彼女の記事から見頃であることを知って、東福寺へ行って来ました。(↑は有名な通天橋
むかしむかし、初めてここの紅葉を見て、その美しさに魅せられて以来、機会がある毎に訪れています。
しかし、最初に見た美しさに再会することはなかなかできず、去年も少し物足りない思いがしたのでした。
今年も余り期待せずに出かけたのですが、思いの他綺麗な色付きでありました。
久々に見る美しさです。
人出も今まで見た中で一番多かったのですが、見て回るのに不自由はありませんでした。
お昼を過ぎてから出かけたのが良かったのでしょうかね。
昨日も遅くまで残業で今朝は早起きできず、朝食後にお風呂に入ったりしてぐずぐずしてましたのでね。
何はともあれ、京都の紅葉は格別であります。
b0008289_20461960.jpg

[PR]
by uncleXML | 2005-11-23 20:48 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
民宿「あらや」で越前がにを堪能
b0008289_2041234.jpg
今回お世話になったのは、民宿あらやさん。
ネットで調べて申し込みました。
私以上に母はかにが大好物。
横浜にいたときも年に1~2度はかに道楽へ行っていました。
関西に転勤が決まって、難波まで電車1本ということで、『美味しいものが食べられる』と楽しみにしておりました。
なにしろ、道頓堀にはかに道楽本店があるわけですから。
しかし、しか~し、道頓堀にある2店舗とも、横浜店より遥かに劣っています。
お世辞にも「美味い」とは申せません。
まったく失望しました。
更に、横浜では1万円程度で食べられた松葉がにが、こちら(道頓堀)ではなんと3万円!
通常メニューの味からして、3万円の値打ちがあるかどうか疑わしく、また3万円の食事は分不相応と考え、注文するのを控えた次第であります。
「ならば、本場に行って食せば、それ以上のものはあるまい」ということで今回の越前行きを決めたのでした。
生簀は越前がにで一杯(↑)でございます。
越前がにであることを証明する黄色いタグが付けられていますね。
三国温泉ゆあぽーとでひと風呂浴びて、いざ夕食。
まずは、かに刺しかにみそ(↓)。
b0008289_20484824.jpg
続いて焼きがに茹でがに(↓)。
b0008289_20495975.jpg
出来たての料理はどれも言葉では言い表せない程美味しうございました。
何もつけなくても、そのままでほんのりと塩味が利いて…。
あと、セイコがにの内子も濃厚なお味で…。
あつあつのものがすぐに運ばれて来るのは、1日4組しか受け付けられない民宿の良さでしょうね。
大満足でございます。
ここでもまた、遥々来た甲斐がありました。

[PR]
by uncleXML | 2005-11-18 21:08 | お店(飲食)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
永平寺の紅葉
b0008289_22444826.jpg
b0008289_22451320.jpg只管打坐(しかんたざ)、「ただ座禅に打ち込むことが最高の修行である」と説いた道元禅師が1244年に開いた座禅修行の道場、曹洞宗大本山・永平寺
今回の旅はここから始まりました。
母は2度目ですが、私は以前から1度お参りしたいとの念願が叶いました。
飾り気の無い修行の場。
気持ちを新たにするのに、これ程相応しい場所はありません。
大和の国から約250km。
遥々来た甲斐がありました。
紅葉も綺麗でございます。

[PR]
by uncleXML | 2005-11-18 18:01 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位