カテゴリ:マイ・ギャラリー( 14 )
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
風神雷神図屏風
b0008289_20171334.jpg
京都国立博物館のミュージアムショップで見つけた俵屋宗達「風神雷神図屏風」(二曲一双)。
以前、特別展があったときに本物を拝見してとても感動しました。
大胆な発想による意匠と表現力に昔の人の心の大きさ、肝の太さ、技術の確かさを感じます。(それに比べて現代人のせせこましいこと…)
所蔵元の建仁寺ではレプリカ(本物は京都国立博物館に保存)を間近で見ることができ、この屏風柄のブックカバー(新書版・文庫版)も販売されていて、私も愛用しております。
因みに、愛車にも風神雷神のステッカーが…。
鹿(↑)は、「あんず舎」さんにありました。

[PR]
by uncleXML | 2010-09-17 04:33 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
陶板
b0008289_20301256.jpg
こちらは、数年前に倉敷アイビースクエアに宿泊した折、敷地内にある愛美工房売店で求めた陶板。
アイビースクエアの玄関が描かれております。
館内の廊下には柱ごとにこのような陶板が飾られていて、良い雰囲気を醸し出しておりました。

[PR]
by uncleXML | 2009-01-23 04:37 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
コンセルヴァトワールの出口
b0008289_20263241.jpg
いったい、うちにはパネルが何枚あるんだろ…。
人にあげたのもあるし、まだ押入れに眠っているものも…。
そんなコレクションの中の一枚がこちら(↑)。
もう何年も前に上野で開催された「BARNES(バーンズ)展」のミュージアムショップで求めたルノワールの「コンセルヴァトワールの出口」という作品であります。(うちの中では一番大きいA1版)
バーンズ展といえばスゴイ人出で、美術館から上野公園の中をず~~~っとうねりながら続く行列…。
最初はそれを見た途端に展覧会に対する意欲が失せ、とっとと帰ってしまいました。
次に行ったときも、その次に行ったときも。
4度目に行って同じような行列を見たときには諦めてその狂気じみた行列に並んだのですが、中も超満員で絵に近づくこともできない有様…。
今まで見た中で一番混み合った展覧会でした。

[PR]
by uncleXML | 2009-01-09 04:34 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
レストラン(オテル・デュ・マルシェ)
b0008289_217483.jpg
▲レストラン(オテル・デュ・マルシェ)
-佐伯祐三-
佐伯祐三展で買って来たこの一枚。
佐伯らしい色使いと書きなぐったような広告の文字が踊ります。
アコーディオンが奏でるシャンソンが聞こえて来そうな気がしませんか?
世間は三連休と浮かれておりますが、私は土曜出勤でございます…。
ランキングの応援(↓)、お忘れじゃないですよね…?

[PR]
by uncleXML | 2008-10-11 04:33 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
MIDDELBURG
b0008289_20193915.jpg
数年前、JALのマイレージを利用してハウステンボスに行った折、宿泊したのがホテル日航ハウステンボスでした。
その部屋に飾られていたのが、このMIDDELBURG(ミッデルブルグ)という作品。
作者はおおば比呂司という漫画家(故人)ですが、その大らかな表現力と暖か味のある画風にひと目で惹かれてしまいました。
園内をぶらぶらしてたら同じものをショップで見かけ、即購入。
大きいし、重いので自宅に送っていただきました。
この写真では分かり難いですが、人物の表情がとてもいいんですよね。
b0008289_1947151.jpg
▲クリックすると拡大画像でご覧になれます

本日は土曜出勤でございます。(いい天気なんだけど…)

[PR]
by uncleXML | 2007-06-23 04:24 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
Still Life 1958
b0008289_2154544.jpg
もう15年以上になるのでしょうか…。(生まれたばかりの赤ん坊が高校生になるまでかかる歳月…)
35歳の誕生日のプレゼントとして、当時好きだった女性がくれた一枚。
ピカソだと思いますが、シックで落ち着いた感じが気に入っております。
彼女は今、どうしているでしょうね…。
この絵を見る度にそう思います。
皆さんはずっと大切にしている物ってありますか?

[PR]
by uncleXML | 2006-12-29 07:18 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
受胎告知
b0008289_1931721.jpg
大原美術館の至宝、エル・グレコ「受胎告知」でございます。
大天使ガブリエルが聖母マリアに『貴女は神の子を身篭っておられる』と伝えている場面ですね。
エル・グレコの三大傑作のひとつとされるこの作品。
後の2つは、トレド(スペイン)のサント・トメ教会にある「オルガス伯の埋葬」とエルミタージュ美術館(ロシア)の1点(だよね?)。
「オルガス伯の埋葬」はトレドで拝見したので、三大傑作の内2作品はこの目で見たことになります。
複製品は大抵、実物と色合いが違っていたり、どこか違和感があったりするのですが、ミュージアムショップで見つけたこれ(↑)は一目で気に入りました。
お値段もなんと「額付き」で3,600円。
良い買い物をいたしました。

[PR]
by uncleXML | 2006-11-20 04:37 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
貝がらと赤い帽子の少女
b0008289_21242355.jpg
およそ20年前、母がひとりで行ったちひろ美術館(東京館)で求めた一枚。
私も好きですね、この絵。
いいのを選んでくれたものだと思います。
何にでも影響され易い母は、その後赤い帽子が欲しくなって、買ってしまったのでございます。

[PR]
by uncleXML | 2006-09-14 04:32 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
白い襟のジャンヌ・エビュテルヌ
b0008289_212318100.jpg
1992年、東京・上野で開催されたモディリアーニ展に出品された一枚。
アメデオ・モディリアーニは、私の好きな画家のひとりであります。
ひょっとすると、一番好きかも知れません。
彼の破滅的な生き様を含めて…。
この絵のモデルは、彼の愛した妻、ジャンヌ・エビュテルヌ。
この様子から、彼の子供を身篭っているときのものでしょうか…。
彼女は、アメデオの死の翌々日、お腹に子供を宿したまま投身自殺をしてしまうのであります。
今このポスターは、私の部屋で優しく見守ってくれているような気がいたします。

[PR]
by uncleXML | 2006-03-17 21:51 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
玄関
b0008289_2023927.jpg
以前お約束したうちの玄関(の下駄箱の上)はこんな感じでございます。
Tyappaさんのアドバイスを参考にして
●感度:ISO400
●ホワイトバランス:白熱灯
●フラッシュ:OFF

で写してみました。
赤味が抑えられて、いい感じに撮れております。
26年前に亡くなった父が描いた油絵と旅行に行く度に細々と買い集めた置物。
つまらない物の集まりのように見えますが、それぞれに想い出のこもった品々であります。

[PR]
by uncleXML | 2006-03-09 20:56 | マイ・ギャラリー
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位