「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:怒(ど)( 5 )
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
何なんだ?
先週末、着物に夏袴姿(母は小千谷の着物)で八坂神社にお参りしたときのこと。
我々がタクシーを降りると下品な顔をした支那人と思しき男がいきなり私と母を見ながら大きな声で何かしゃべり出した。
何を言っているのか分からないが、その表情と語気には友好的な雰囲気は微塵も無い。
男の傍にいた女も醜く顔を歪めてこちらを見ている。
何なんだ? こいつら…。
信仰とは関係無さそうな支那人が日本の神社にお参りするのにも違和感を覚えるし、日本人が日本の伝統的民族衣装を着て神社にお参りすることに因縁をつけられるのにも納得がいかない。
なので、こちらも少々気色ばんで言葉を返し、あわや一触即発…。
ま、事なきを得ましたが、このような人種はどうしても好きになれませんな~。
かの地からの観光客が減ったと聞いて清々していたのに…。

[PR]
by unclexml | 2011-07-06 12:22 | 怒(ど)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
トラックバック・スパム撃退法?
「スパムもどき」のトラックバック(以下TBと略記)は今までにも何度かあったのだが、最近は明らかに「スパム」と呼ぶべきTBが増えている。
その主なものは:
1.http://freespaces.com/cheapxanax/
2.http://cheaptramadol.olo.cc/
の2箇所から。
エントリの内容に関わりなく、滅多やたらにTBをカマして来る。
正真正銘、これぞスパム
「悩まされる」という程ではないが、とにかく「ウザい」
ところで、exciteブログには、「ID・URLの拒否設定」という項目がある。
これに上記のURL2つを登録してみた。
以後今までそれらからのTBは無いようであるが、設定が効いたのだろうか…。
[PR]
by uncleXML | 2005-08-22 12:19 | 怒(ど)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
トラックバック
ご多分に漏れず、うちにも時々スパムもどきのトラックバック(以下「TB」と略記)が来る。
自慢じゃないが、TBしてもらえる程の内容でないことはこの私自身がよく知っている。
それでも以前からの知り合いが挨拶代わり(?)のTBを寄越して来たときには、「しょ~がね~な~」と思いながらお返しのTBを打ったりもする。
「お付き合い」の一環として。
勿論、作法に則ったTBならば、ヘソ曲がりのがんさんと雖もちゃんとご挨拶に伺う。
しかし、見ず知らず(ネット上の付き合いは大抵見ず知らずの人であるが…)、初対面(「知り合い」でも「顔見知り」ではないことの方が多いのだが…)の人からのそれ(スパムTB)は、一種の「警戒心」さえ起こさせるものである。
「こいつ、何考えとんねん」みたいに。
夕刊フジBLOG「トラックバックの“基本”について考える」という記事が載っている。
世の中、いろんな人がいるので、どこへ打ったか自分でも分からなくなる程闇雲に(スパム)TBを打ちまくる人がいるかと思えば、その一方で「TBありがとうございました」とご丁寧にコメントを残しに行く人も多いようである。
スパムTB喰らいながら、わざわざ挨拶に出向くというのは間抜けなような気もするが、「とりあえず挨拶しておけば角も立たないだろう」という日本人的事なかれ主義の現れであろうか。
相手は自分のエントリにTBカマしたことすら忘れているというのに…。
時々、「自由無礼不作法とは全然意味が違うぞ」と思う偏屈者のがんさんである。
[PR]
by uncleXML | 2005-07-07 09:25 | 怒(ど)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
DBの価値
わが愛車HONDA HR-Vのリコールの通知が来ました。
なんでも、リアの窓ガラスを下げるとドアが開く恐れがあるそうです。
そういえば、少し前にHR-Vオーナーが集うサイトの掲示板に「走行中に突然ドアが開いて同乗者が落ちそうになった」という記事が載っていましたが、これが原因だと思われます。
甚だ危険であります。
問題は他にもあって、この通知は横浜の住所宛に送られたものが転送されて来たのでした。
「1年前に現住所を知らせておいたのに…」と不信に思いながら横浜のディーラに問い合わせると、「パソコンのデータは大和の国になっています」と言います。
だったらなんで現住所に送られて来ないのでしょうか?
こういうのが、数多い役に立たないデータベースの好例です。
猫に小判或いは豚に真珠というやつですね。
そんなシステムを組んだエンジニアの顔が見てみたいものです。
もうじき郵便物の転送もされなくなるので、危ないところでした。
なんせ、リコールの通知は販売したディーラが行うことになっているそうですからね。
[PR]
by uncleXML | 2005-04-01 20:58 | 怒(ど)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
関西人に思うこと
関西人は粗忽者である。
平気で他人の車のドアをへこます。
なにげに、よその車のボンネットにバッグを置いたりもする。
バッグなんぞ置くとボンネットが傷つくことを知ってか知らずか、その動作は極めて自然である。
即ち、日常的な行動と思われる。
ウインカーなんて点滅させずに曲がる。
横にいる自転車を引っ掛けようとも平気らしい。
駐車場から歩道を横切って勢いよく車道に飛び出そうとし、すぐ傍に歩行者がいたのに気付いて大口を開けて驚く。
「あ゛~! 轢き殺すとこやった~」みたいな感じで。
驚くのは歩行者の方である。
一刻も早く車を車道に出すことしか考えていないので、歩行者なんか眼中に無いらしい。
悪意は無いかも知れないが、度外れたおっちょこちょいである。
ボンネットの塗装は5万円もかかる。
他人の物にキズをつけることは、悪意があろうと無かろうと、限りなく犯罪に近い。
が、関西人はやってしまう。
今の車、横浜でも3年以上乗ったが、こんなことは1度も無かった。

関西人にマナーという概念は無い。
ちょっとでもスキがあれば他人の前に出ようとする。
駅の構内でも、運転中でも。
気に入らなければ、大きくクラクションを鳴らしてでも強引に。
他人が並んで待っているのが分かっていても、とりあえず割り込みを試みる。
特にオバハン。(関東ではババアと呼ぶ生き物)
注意すると「あ、やっぱり?」とバツの悪そうな顔をして後ろに並ぶ確信犯である。

関西人は親切である。
道を訊いても必ず答えてくれる。
中にはわざわざ案内してくれる人もいる。
関東では「知らん顔」をして通り過ぎる人の方が多かったように思う。
が、話し好きなので、べらべらと無駄口に付き合わされる場合もある。

大和の国の住人となって早や10ヶ月、関西の人の印象はこんな感じでしょうか。
勿論、全てがこうというわけではなく、強く印象付けられたことから生まれたイメージですがね。
ちょっとせっかちで思慮の足らないところもありますが、根は「いい人」なのかな…。
悪気が無いというのは、時には最悪だったりしますがね。
[PR]
by uncleXML | 2005-03-02 10:36 | 怒(ど)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位