カテゴリ:男の厨房( 90 )
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
イワシの香草パン粉焼き
b0008289_21574050.jpg
余り美味しそうには写っていませんね…。
最近、ホイル焼きにハマっております。
何故って、冷めにくいので食べる時まで暖かいし、何より洗い物が減らせるからであります。
さて、今回はイワシの香草パン粉焼き
●レシピ:
○開いたイワシ(2尾)に塩・コショウし、小麦粉をまぶす。
○みじん切りにしたパセリ、パン粉(大さじ1)、サラダ油(2g)を混ぜ合わせる。
○アルミホイルにマーガリンを塗り、イワシの身を上にして先ほど混ぜ合わせたパセリ等を乗せ、オーブンで10分焼く。
○焼きあがったら、レモン汁と醤油を合わせて添える。

オーブンもお皿も汚れず、後片付けも簡単。
勿論、ヘルシーで美味しい。

[PR]
by uncleXML | 2006-09-02 06:19 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
本日の晩ご飯
b0008289_2057712.jpg
本日の晩ご飯は、金目鯛のホイル焼きでございます。(って、金目鯛が見えてませんね。この下に埋まってるんですけど…)

●材料:
○金目鯛の切り身
○ぶなしめじ
○白ねぎ

●レシピ:
○金目鯛の切り身に日本酒(小さじ1/2)と塩で下味をつけておく。
○ぶなしめじは根元を切り落として小房に分け、白ねぎは斜め切りにする。
○アルミホイルにマーガリン(小さじ1/2)を塗り、材料を乗せて包む。
○オーブントースターで約15分加熱する。

香りが良く、さっぱりとして美味しうございました。

[PR]
by uncleXML | 2006-08-11 21:12 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
昨日のお弁当
b0008289_22442765.jpg
ネタ切れのときは、料理ネタ。
これ、私の常套手段。(しかも昨日の弁当…)
●豚ヒレ肉の紅茶煮(レシピはこちら) / ゴーヤ / インゲン
●煮物(コンニャク / ニンジン / ゴボウ)
●サラダ(ミニトマト / サラダ菜)
●ご飯(白米:発芽玄米=3:2 粉寒天入り)
●ブルーベリーの寒天ゼリー

[PR]
by uncleXML | 2006-08-05 06:34 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
鶏ハムとデザート
b0008289_239353.jpg
またまた鶏ハムを作ってみました。
●レシピ:
 ○仕込み編は、こちら
 ○仕上げ編は、こちら
2度目は最初のときより上手くできますね、やっぱ。
お皿もこちらの方が料理が引き立つような…。
b0008289_23365454.jpgデザートは、パイナップルとブルーベリーの寒天ゼリー、プレーンヨーグルトかけ。
この寒天の色がなんか涼しげ。(でしょ?)
[PR]
by uncleXML | 2006-07-29 06:13 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
豚肉の紅茶煮(スライス編)
b0008289_13144564.jpg
冷蔵庫で一晩寝かせたら、スライスしてタッパに入れ、タレをかけて冷蔵保存します。
こんな感じで(↑)。
スライスするときには「ちゃんと上手くできたかな…」とドキドキしますが、今回も大成功であります。
この後、お皿に盛り付けたお昼のおかずの写真を保存しようとしたら、いきなり Adobe PhotoDeluxe がダウン。
折角公開用に綺麗に盛り付けたのに…。 orz
食っちゃった後では撮り直しもきかないし、オリジナルはデジカメから削除しちゃってるし…。
この写真が無かったら、「失敗したな…」と思われるところでした。

[PR]
by uncleXML | 2006-07-09 13:25 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
豚肉の紅茶煮
調子に乗って料理ネタ。
豚肉の紅茶煮でございます。
さっぱりとしてヘルシー。
蒸し暑くて食欲の落ちる時期にはうってつけ。
安いアメリカ産豚ヒレが欲しかったのですが国産しか無く、高かったので今日は安い豚モモブロック(340g)を使うことにします。
なに、モモ肉でも充分美味しくいただけます。
b0008289_2210814.jpg
まず、ブロック肉を凧糸で縛ります。(↑)
縛らなくても良いのですが、出来上がりをスライスするときにボロボロするかも知れません。
b0008289_22183849.jpg
鍋に湯を沸かし、紅茶バッグを入れて火が通るまで肉を煮ます。
私は賞味期限の切れたアールグレイティーを麦茶を煮出すお茶パックに入れて使っております。(↑)
紅茶で煮ることにより、余分な脂が抜け、香りが良くなるのであります。
ウーロン茶やプーアル茶を使う方もおられるようです。
b0008289_22261182.jpg
煮あがるとこんな感じ。(↑)
さて、肝心なのはここから。
タレに漬けて一晩冷蔵庫で寝かせます。
私の場合、タレの調合は:
醤油:黒酢:日本酒:みりん=3:2:2:1。
これにスライスした無臭ニンニクを加えて漬けます。
ニンニクはお好み次第ですが、入れると味にコクが出ます。
b0008289_22322831.jpg
こんな具合(↑)にビニール袋に入れると、まんべんなく漬かります。
スライスして食べるのが楽しみであります。
今週のお弁当は、日替わりでシャケの切り身と紅茶豚に決定!

[PR]
by uncleXML | 2006-07-09 05:52 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
なすのチーズのせ
b0008289_2022262.jpg
縦半分に切って斜め切りにし、水にさらしたなすをサラダ油で炒め、醤油を少々加える。
短冊切りにしたとろけるスライスチーズを乗せ、コショウを振る。
超簡単。
だけど美味しい。

[PR]
by uncleXML | 2006-07-08 05:52 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
鶏ハム(仕上げ編)
お待たせいたしました。
先日仕込んだ鳥ハムの仕上げでございます。
まず鶏肉をジップロックから出し、水でコショウや粉ハーブを洗い流し、30分~1時間水につけて塩出しする。
b0008289_1550162.jpg
肉の表面の水気を取り、チャーシューのように凧糸で縛る。
今回は鶏のムネ肉2枚を使ったので、2枚合わせて縛りました。
更にラップを2重に巻き、端を輪ゴムで止める。(↑)
こうすることによって、エキスを閉じ込められるらしい。
b0008289_15534093.jpg
鍋に入れ、ひたひたの水を入れて火に掛ける。(↑)
沸騰し始めたら肉が煮えないように水を足す。
3回くらい水足しをした後、沸騰したら火を止め、鍋に蓋をする。
肉が煮えないように長く沸騰させないことがポイント
お湯が冷めたら出来上がり。
b0008289_1615729.jpg
鍋から出してラップを取るとこんな感じ(↑)になっておりました。
b0008289_1945489.jpg
スライスして盛り付けるとこんな感じ。(↑)
煮てないのにちゃんと中まで火が通っております。
ムネ肉なのにしっとりとしてパサつかず、ハーブの風味が良く利いて、さっぱりとしたお味でした。
暑さにバテて食欲が無いときにも良いのではないでしょうか。
今週のお弁当は日替わりでシャケの切り身とこいつで決まりですね。
※雪見猫さんの7/4のお弁当にTBのお返し。(2006/07/06)

[PR]
by uncleXML | 2006-07-03 06:23 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
鶏ハム(仕込み編)
b0008289_20594894.jpg
まずはこのレシピを教えていただいた雪見猫さんとsakanaさんにお礼を申し上げます。
さて、今回は鶏ハムの仕込み。

1.鶏ムネ肉の皮や脂を取り、ハチミツを塗る。
2.塩をすり込む。
3.粉ハーブ、粗挽きコショウを振る。

雪見猫さんによれば、事前にハチミツを塗ることによって味が染み易くなり、調理したときのパサつきが抑えられるそうであります。
b0008289_2144657.jpg
ジップロックに入れ、空気を抜いて密封する。
このとき、ストローを使うと効率良く空気を抜けますが、いきなり強く吸うとコショウを吸い込んだり酸欠で頭がクラクラするので注意しましょう…。(体験談)
あとは冷蔵庫に入れて48時間寝かせる。
う~む、パーフェクト!
これでいいんですよね~、先生方?
2日後の調理が楽しみ…。

[PR]
by uncleXML | 2006-06-30 06:29 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
本日のサラダ
b0008289_2114071.jpg
●材料:
○若鶏のムネ肉
○サラダ菜
○トマト
○カーネルコーン
サラダ菜は適当にちぎり、トマトは銀杏切り、コーンは茹で、鶏肉も茹でて手で裂く。

今回のミソはドレッシング。
●二人分:(以下を混ぜる)
○マヨネーズ:小さじ1
○つぶマスタード:小さじ1
○ノンオイル梅ドレッシング:適量
結構イケます。
茹でたキャベツにも最適。
一度お試しあれ。

[PR]
by uncleXML | 2006-06-23 21:31 | 男の厨房
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位