「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:紅(黄)葉( 85 )
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
源光庵の紅葉
b0008289_4552178.jpg
(2011/11/26 撮影)
源光庵の紅葉も初めて拝見しました。
落ち着いた風情の紅葉は心が和みます。
それにしても、昨日の休日はやっぱり荒れ模様でしたね…。
休日になるとお約束のように天気が悪くなるのは遊び人には気が滅入ることこの上なし。
今日は島田耕園さんを訪ねに清水へ行こうかと思っているのですが、どうなりますやら…。
b0008289_4553284.jpg
▲「悟りの窓」(左)と「迷いの窓」
(写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます)

[PR]
by uncleXML | 2011-12-04 05:00 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
常照寺の紅葉
b0008289_6493621.jpg
(2011/11/26 撮影)
今季初の紅葉狩りは京都・鷹峯。(ホントは出勤日だったし、大仕事が佳境を迎えているのでそれどころではないのですが、天気が良かったもので…。ま、その分、金曜日はとてもしんどかったのですけどね…)
この時期、観光客でごった返す京都でも洛北ならまだマシかと思ったのですが、さに非ず。
結構な人出でございました…。
とはいえ、清水寺や東福寺、嵐山、嵯峨野などに比べれば楽なもの。
吉野太夫縁の常照寺の紅葉は優しい色合いでございました。
奈良、京都の名刹は殆どお参りした積りでしたが、初めて訪ねたお寺の美しい紅葉に『まだまだ知らない所が多いな~』と思った次第。

[PR]
by uncleXML | 2011-11-27 07:20 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
毘沙門堂の紅葉
b0008289_14224059.jpg
法界寺を後にして、次に向かったのは毘沙門堂
こちらも京都の紅葉の名所と聞いていたので、一度それを拝見したいと思っておりました。
機動力があると思いつくままどこへでも行けます。
道は狭いですが、臨時の駐車場に入る手前から美しい紅葉が見えて期待感が一層…。
名所と言われるだけのことはありますね。
今年は初めて訪れた場所も何箇所かあって、いろんな紅葉を楽しませていただきました。
来年もまたどこかで美しい紅葉を見られますように。
b0008289_1422558.jpg
▲庭 園
b0008289_1423627.jpg
▲弁天堂とドウダンツツジの紅葉
b0008289_14231694.jpg
(2009/11/23 撮影)

[PR]
by uncleXML | 2009-12-14 04:34 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
法界寺と紅葉
b0008289_814758.jpg
▲阿弥陀堂
ご紹介が遅くなってしまいました…。
以前、山口ももりさんから『法界寺へ行ってごらんなさい』と教えていただき、『紅葉の時期には是非に…』と思っておりました。
その日から随分経ってしまいましたが、11月23日に行ってまいりました。
通称「日野薬師」とも言われるのですが、肝心の薬師如来像は秘仏ということで通常は公開されておりません。
一方、国宝の阿弥陀堂は公開されていて、これも国宝の阿弥陀如来坐像を拝することができます。
平等院の鳳凰堂におられる阿弥陀様と同様の様式であるこちらの仏様は温かみのあるお顔をされておりました。
朝早かったのでお堂の中は冷たく、身の引き締まる思いでお寺の方のお話をお聞きしたのですが、落ち着いた佇まいで訪れる人も少なく、良いひと時を過ごさせていただきました。
b0008289_815865.jpg
▲薬師堂
b0008289_821154.jpg
写真をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。

[PR]
by uncleXML | 2009-12-13 08:05 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
東大寺参道の紅葉
b0008289_2132868.jpg
石段を下り、東大寺境内にある鏡池の畔を通って南大門へ。
更に参道を出発点である「大仏殿」交差点へと歩きました。
鏡池周辺や参道にはまだ紅葉が残っていて、過ぎ行く秋を惜しむかのようでありました。
てことで、今回は東大寺大仏殿の交差点から水谷茶屋→手向山八幡宮→二月堂→大仏殿交差点と巡ったわけですが、高齢の母にしてはよく歩きましたね。
本日は土曜出勤でございます…。
今年はもう土曜日の休みはありません…。
例の大仕事、あと300ページ(約1割)くらいなんですけどね…。
b0008289_2133846.jpg
(2009/12/06 撮影)

[PR]
by uncleXML | 2009-12-12 04:38 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
大仏殿と紅葉
b0008289_20241434.jpg
二月堂を後にして、母が『久し振りに鐘楼を見たい』と言うのでいつもの裏参道ではなく鐘楼へと続く石段を下りることに。
奈良では国宝は珍しくもありませんが、東大寺の鐘楼(大鐘)もそのひとつであります。
鐘楼の横を抜けて更に下って行くとお馴染みの大仏殿が正面に見え、その手前には美しく色付いた紅葉。
息を飲む光景でありました。

[PR]
by uncleXML | 2009-12-11 04:35 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
東大寺二月堂から望む紅葉
b0008289_20395760.jpg
(2009/12/06 撮影)
若草山の麓を抜けて東大寺の鎮守である手向山八幡宮にお参りし、母も私も大好きな二月堂へ。
ここからは奈良の街が一望できて気持ちいいのですが、そこまで石段を上がるのが母にはひと苦労…。
てことで、上りきった所にある龍美堂さんで一服してからのお参り。
ノンビリしたものです。(本来はお参りが先ですけどね…)
石段を上りきった所からは紅葉越しに四月堂が見え、大仏殿の手前にも品良く色付いた紅葉。
いいですよ、奈良は。
はしゃいで騒ぐ所ではありませんけどね、どこかの先生。
司馬遼太郎氏の著作に『威厳は恥を知るところから生まれる』というような一説があったと記憶しております。
近頃、威厳のある教師はどれくらいいるのだろうか…。
教師どころか首相だって…。
b0008289_2040932.jpg
▲紅葉越しに見下ろす四月堂

[PR]
by uncleXML | 2009-12-10 04:35 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
紅葉(手向山八幡宮への坂道)
b0008289_20444148.jpg
春日山原生林の入口まで行ってみたものの、美しい紅葉は見られそうもなかったので手向山八幡宮に向かう坂道をてくてく…。
途中、修学旅行生の一団に出くわしましたが、最近の中学生はちゃんと整列して歩けないんですね…。
道幅一杯に広がって、前から杖を突いた老人が来ても話に夢中で道を開けようともしない…。(だから私が前を歩いて露払いをしなければならない)
いつから日本の生徒はこんなにだらしなくなってしまったのでしょう…。
引率の教師の指導力・適正も疑います。(社会人としての適正すらもね)
このたびは幣(ぬさ)もとりあへず手向山
紅葉(もみぢ)の錦神のまにまに
-菅原道真-
b0008289_2044547.jpg
▲若草山の麓

[PR]
by uncleXML | 2009-12-09 04:36 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
水谷茶屋付近の紅葉
b0008289_20154752.jpg
▲水谷茶屋
東へ東へと歩を進め、新公会堂の横を通って更にてくてくてくてく…。
表示通り春日大社の駐車場には長~い列ができておりました。(少しずつ入って行っていたようなので、案外待ち時間は短かったのかも)
そこから少し行くと、知る人ぞ知る「水谷茶屋」
藁葺きの鄙びた感じが辺りの風景にマッチしております。
丁度時分時だったのでこちらでお昼をいただくことに。(母は「きつねうどん」で私は「きのこそば」)
散策はまだまだ続くのでありました。
b0008289_20155846.jpg
▲水谷川の散りもみじ
b0008289_20161189.jpg
(2009/12/06 撮影)

[PR]
by uncleXML | 2009-12-08 04:36 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
奈良公園の紅葉
b0008289_20501784.jpg
(2009/12/06 撮影)
今年の紅葉もそろそろ見納めかと出かけたのは奈良公園。
車検に出していた愛車を受け取ってからなのでお昼近くになり、『春日大社満車』の表示を見て『あちゃ~』となったところ、時々お世話になる東大寺近くの駐車場から一台の車が…。
『ラッキ~!』とすかさず入れさせてもらってそこから歩くことに。
おかげさまで今回も母はよく歩きました。
ゆっくり、ゆっくり、しかし、いつものように「シンドイ…」と言うこともなく。
どこまで歩いたかはこれからのお楽しみ。
まずは、登大路と東大寺参道が交差する所で一際美しく色付いていたカエデから。

[PR]
by uncleXML | 2009-12-07 04:36 | 紅(黄)葉
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位