◆ 狭井神社(さいじんじゃ)
b0008289_20531396.jpg
大神神社には数多くの摂末社がありますが、この狭井神社もそのひとつ。
ご祭神に、「大物主神(おおものぬしの神)」、「媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)」のお名前があり、私の愛読書である「消された覇王」では媛蹈鞴五十鈴姫命はニギハヤヒの末娘で神武天皇の后でもあるミトシであるとしています。
このことからも、「大物主神=ニギハヤヒ」であることが窺えるのであります。
古くから、華鎮社(はなしづめのやしろ)と称され、病気を鎮める神としての信仰が厚いこのお社。
拝殿の左手にある薬井戸からはご神水がこんこんと湧き出で、それを汲んで持ち帰る参拝客も沢山おられます。
私はペットボトルを持参するのを忘れたので、社務所で売られているのを買って帰りました。
不老長寿とは言わないまでも、この年になると無病息災が一番の願いですからね。
b0008289_20533038.jpg
▲狭井神社

[PR]
by uncleXML | 2008-10-23 04:30 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< そうめん処 森正(もりしょう) 巳の神杉(みのかみすぎ) >>