◆ 巳の神杉(みのかみすぎ)
b0008289_2030632.jpg
▲巳の神杉
三輪山には沢山の「神霊が宿る」と言われる杉の霊木がありますが、大神神社拝殿前に一際立派に聳え立つ杉の木もそのひとつ。
その根元に蛇(巳)が棲んでいたということから「巳の神杉」と呼ばれるようになりました。
蛇はまた、三輪の神(大物主神)の化身とも考えられ、箸墓伝説にもそのことが伝えられております。
更にその蛇は『水神であり、雷神ともなり、農業神、五穀豊穣の神となり、やがては国の成立とともに、国家神的な神に至った』とあることから、スサノオ、ニギハヤヒ父子の姿が垣間見えるような気がするのであります。

[PR]
by uncleXML | 2008-10-22 04:36 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 狭井神社(さいじんじゃ) TEN. TEN. CAFE >>