◆ さねかずら
b0008289_2051053.jpg
(2008/09/28 撮影)
万葉集に
玉くしげ みむろの山の さなかずら
さ寝ずはつひに ありかつましじ
-藤原鎌足-
核葛(さねかずら) のちも逢ふやと 夢のみに
祈誓(うけひ)わたりて 年は経(へ)につつ
-柿本人麻呂-
山高み 谷へに延(は)へる 玉かづら
絶ゆる時なく 見むよしもがも
-作者不詳-
と詠まれ、百人一首に
名にし負はば 逢坂山(あふさかやま)の さねかづら
人に知られで くるよしもがな
-三条右大臣-
と詠まれた実葛(さねかずら)(別名:美男葛)
高畑のお屋敷の塀の上で花と実を同時に見ることができました。
そろそろ実が赤く色付き始める頃でしょうね。

[PR]
by uncleXML | 2008-10-10 04:32 | 花鳥風月・季節物
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< レストラン(オテル・デュ・マルシェ) 高円山(たかまどやま) >>