◆ 比叡山薪歌舞伎
b0008289_15475036.jpg
お昼過ぎに無事帰ってまいりました。
いや~、良かったですよ、「中村吉右衛門奉納公演 比叡山薪歌舞伎」
越して来て以来、歌舞伎を拝見したのは初めてでしたが、屋外で演じられる歌舞伎は東京の歌舞伎座で観るのとはまた違った趣がありました。
空気はひんやりと心地良く、ヒグラシの鳴き声もまた風情を添えて。
演目は、
●近江のお兼:中村芝雀 他
●舞妓の花宴:中村福助
●藤 戸:中村吉右衛門、中村芝雀、中村福助、中村壱太郎、中村翫雀 他
特に「藤戸」は私が3年間通った高校の辺りのお話ですから期待も高まります。
で、期待に違わぬ素晴らしさ。(吉右衛門さんは勿論ですが、中村壱太郎さんは将来が楽しみですね)
ひとつ残念だったのは、私の目の前に座高が1メートル以上はあると思われる大男が座っていて、頭がまたデカいので花道が全く見えなかったこと。(座高が高いだけの4等身野郎だったかも…。↓の写真は立ち上がって撮ったので花道が見えております)
それでも頭を左右に動かしながら肝心な場面は何とか見ることができました。
機会があったらまた行きたいですが、会場へは坂や階段を上っていかなければならないので母には辛いかもしれません。
今回はとても喜んでいたので良かったですけどね。(母の位置からはデカ頭の影響は殆どありませんでした)
b0008289_1548130.jpg
▲地方(じかた)の方々
b0008289_15481617.jpg
▲舞台風景(手前中央の十字旋毛の大頭が邪魔!)

[PR]
by uncleXML | 2008-07-20 16:46 | 歳時記
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 姫睡蓮 '08 17号開花 阿弥陀堂にて >>