◆ 淀屋で浴衣
b0008289_20275031.jpg
電話の相手は淀屋の女将さんでした。
『浴衣が仕立て上がりました』というご連絡。
実は5月11日に何気無くお邪魔して、見せていただいた浴衣地がとても気に入ったのでお願いした次第。
珍しく母が支払うと言うので素直に甘えることにしたのですが、『母の日だというのに、これじゃあ、あべこべだ…』と思う一方で、『ま、うちは毎日が母の日みたいなものだし、あべこべで丁度いいかも…』などと勝手な理屈で自分を納得させつつ。
毎年、「粋な柄」の浴衣を探していたのですが、『これ!』というやつに出会えずにおりました。
それがなんと、『こんなん、どうです?』と出て来たのは上品なグレー系の縮みの入った「無地」
一瞬、『え゛! 無地? マジですか…?』と思ったのですが、縞の帯と合わせてみると、これがいい感じ。
『こういうのが本当の「粋」ってもんかもしれんな…』と思いましたが、どうでしょう?
今日は社内旅行で会社はお休み。
「ならまち」に『雪駄を新調するならここで』と思っていたお店があるので、今日はそちらに。
巾着も買ったし、あとは印伝の煙草入れの下げ物があれば完璧かな…。
今年の夏は着流し姿のがんさんが奈良や京都に出没しますぞ。
b0008289_2028398.jpg
▲淀屋さん

[PR]
by uncleXML | 2008-05-23 06:47 | お店(飲食以外)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 雪駄 よつばカフェ >>