◆ 大原美術館
b0008289_21421956.jpg
b0008289_21423291.jpg
倉敷に行ったら絶対に外せないのが大原美術館
我が郷土の宝、いや、日本の至宝と言っても過言ではないでしょう。
私も国内のみならず、海外の美術館も幾つか巡りましたが、エル・グレコの三大傑作のひとつ、「受胎告知」を初めとする所蔵品のクオリティの高さは世界に誇れるものであると改めて実感しております。
人々が西洋絵画などに無関心であった(関心を持つ余裕が無かった)時代に大原孫三郎児島虎次郎のふたりがいなかったら、これだけの名画が一堂に会することは無かったでありましょう。
帰省すると必ず訪れておりますが、毎回新しい発見もあり、楽しいひと時を過ごすことができます。
今回は途中で母が『シンドイ…』と言い出し、車椅子をお借りするハプニングも…。
私は横浜で介護の講習を受けていたので、車椅子の操作に戸惑うこともなく、母も楽に巡ることができました。(現在は完全に回復しております)
今月も暫くは「コメント返信御免月間」とさせていただいております。悪しからず、ご了承くださいませ。
b0008289_21424618.jpg
(2006/04/05 撮影)

[PR]
by uncleXML | 2008-04-13 05:56 | ミュージアム
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 又兵衛桜(本郷の瀧桜) 旅館くらしきで昼食を >>