◆ 法起院
b0008289_2047993.jpg
白い経帷子を纏い、長い杖をつき、ご詠歌を唱えながら三十三ヶ所の観音菩薩霊場に詣で、納経印を受ける西国三十三ヶ所霊場巡礼の風習は、養老二年(718年)に徳道上人によって始められました。
その徳道上人のご廟所であり、西国巡拝開基、西国番外札所でもあるのが、法起院でございます。
極楽はよそにはあらじわがこころ
おなじ蓮(はちす)のへだてやはある
-徳道上人ご詠歌-
極楽は遠くにあるものではありません。
あなたの心の中に求めなさい。
この世に咲く蓮の花と、あの世の蓮の花とはともに同じ蓮の花です。
決して違うものではありません。
b0008289_20472058.jpg
(2008/01/19 撮影)

[PR]
by uncleXML | 2008-01-31 04:41 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 法起院のお守り 長谷寺の本堂と回廊 >>