◆ 本長谷寺
b0008289_19525353.jpg
▲本長谷寺
長谷寺の創建は奈良時代、8世紀前半と推定されるが、創建の詳しい時期や事情は不明である。寺伝によれば、天武朝の朱鳥元年(686年)、道明上人が初瀬山の西の丘(現在、本長谷寺と呼ばれている場所)に三重塔を建立、続いて神亀4年(727年)、徳道上人が東の丘(現在の本堂の地)に本尊十一面観音像を祀って開山したというが、これらのことについては正史に見えず、伝承の域を出ない。
-以上、Wikipediaより-
また、パンフレットには
長谷寺は、山号を豊山(ぶざん)と号し、朱鳥元年(686年)、道明上人が天武天皇のために「銅板法華説相図」を初瀬山西の岡に安置したことにはじまり、のち神亀四年(727年)、徳道上人が聖武天皇の勅願によってご本尊十一面観世音菩薩を東の岡にお祀りになりました。云々。
とあります。
この立派なお寺はここから始まったのでしょうね。
b0008289_19532088.jpg
▲本長谷寺と五重塔 (2008/01/19 撮影)

[PR]
by uncleXML | 2008-01-28 04:37 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 弘法大師御影堂(長谷寺) 長谷寺の五重塔 >>