◆ 金銅八角燈籠(東大寺)
b0008289_20342892.jpg
▲大仏殿 (2007/10/28 撮影)
よくお寺のお堂の前に燈籠があるのを見かけますが、東大寺の大仏殿の前にも立派な燈籠がございます。
なんせ、国宝ですからね。(国宝と言っても奈良では珍しくもありませんけどね…)
度々修理が施されておりますが、基本的には奈良時代創建時のもので、火袋には楽器を奏する菩薩の浮き彫りがあります。
先の大戦の折、戦勝国の誰かが『賠償はこれひとつでいい』と言ったという話も聞いたような気がします。
なにげに通り過ぎてしまう方も多いのですが、もの凄い値打ち物なんですよね。
b0008289_20344275.jpg
▲金銅八角燈籠
b0008289_20351988.jpg
▲火袋に浮き彫りにされた菩薩 (正倉院展にも展示されていた「竽(う)」を奏でております)

[PR]
by uncleXML | 2007-11-01 04:37 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 毘盧遮那仏(東大寺) 東大寺(南大門・中門・大仏殿) >>