◆ 東大寺二月堂修二会お松明最終日
b0008289_2123543.jpg
今年はインフルエンザに罹ったりして「無理かな…」と諦めかけておりましたが、なんとか3年連続で東大寺二月堂修二会のお松明を見ることができました。(横浜から見に来たのを入れると4回目になります)
最終日の14日はいつもより30分早く、18時30分に始まり、10本のお松明が一斉に上がって、10分程度で終ります。(毎年、19時からと勘違いして、終った頃に到着する方も何人か見受けます。お気の毒です)
松明の火の粉や灰を被ると、一年間無病息災と言われております。(インフルエンザ野郎の私が言うのもなんですがね…)
これを見ると、「まだ寒いけど、奈良にも春が来るな~」と感じる、1256年間一度も途切れること無く続けられて来た古都の伝統行事でございます。
b0008289_2124777.jpg
(2007/03/14 撮影)

[PR]
by uncleXML | 2007-03-15 04:41 | 歳時記
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 奈良の馬酔木 白毫寺の寒桜 >>