◆ ささやきの小径から新薬師寺・奈良市写真美術館
b0008289_21281132.jpg
春日大社の参道からささやきの小径を抜けて志賀直哉旧居に出て、更に道標に従って暫く歩くと新薬師寺に出ます。
その昔は大伽藍を誇ったこのお寺も戦乱や落雷で殆どの建物を失い、今は当時の食堂(じきどう)(↑)が残るのみであります。
その食堂が現在は本堂(国宝)となり、その中では本尊の薬師如来を守るように有名な十二神将像(国宝)が囲んでおります。
b0008289_2146107.jpg
▲山茶花
b0008289_21423111.jpg
▲南門内側の金・銀のカエル

b0008289_21482485.jpg
新薬師寺のすぐ傍には奈良市写真美術館があって、現在は「日本のこころ 相田みつを・入江泰吉 ~書と写真の世界~」と題する展覧会が催されております。(11月12日まで)
奈良・大和路に拘って撮り続けた入江泰吉氏の写真と、書家であり詩人でもある相田みつを氏の言葉とのコラボレーション。
ジ~ンと来るものがございました。
b0008289_221364.jpg

[PR]
by uncleXML | 2006-11-03 07:17 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 十三夜 ささやきの小径 >>