◆ 新薬師寺
b0008289_17503458.jpg
白毫寺から「歴史の道」を15分程歩くと、新薬師寺に出ます。
747年、聖武天皇の眼病平癒を祈願して光明皇后が建立したお寺です。
新薬師寺の「新」は「あたらしい」ではなく、「あらたかな」薬師寺という意味だそうです。
建立当時は七堂伽藍が整った南都七大寺に数えられる程のお寺だったようですが、落雷や戦乱による火災によって現在の本堂(国宝↑)だけが残りました。
(因みにレンギョウに見入る背中の曲がったご婦人は、がんさんの母・71歳)
b0008289_17524569.jpgしかし、ご本尊の薬師如来坐像とそれを守るように囲む十二神将はいずれも国宝に相応しく、大変迫力のある素晴らしいものです。

石灯籠の足元に可憐なスミレ→

■拝観料:600円
■ご朱印料:300円

[PR]
by uncleXML | 2005-04-03 17:55 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 古都の桜 白毫寺(びゃくごうじ) >>