◆ 夢
母の夢を見た。
初めて見る和服がよく似合っていた。
病気のようだったが気分は良さそうだった。
私に会えると思って精神が高揚していたのだろうか。
駆け寄って『大丈夫?』と声をかけながら身体を支えようと手を差し伸べ、母の温もりを感じた途端に目が覚めた。
時計を見ると午前2時過ぎ。
それから暫く眠れぬ時が過ぎて、いつの間にかうつらうつらしていたら目覚し時計にたたき起こされた。
定刻の4時。
元気を出して今日一日を乗り切ろう。

[PR]
by uncleXML | 2013-01-09 04:24
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< いろいろ野菜のグラタン風 仕事始め >>