◆ 壬生狂言
b0008289_16593822.jpg
秋の壬生狂言が10月6日から8日に渡って開催されると聞いて、7日に壬生寺に行きました。
着いたのは12時半を少し過ぎていました。
上演開始は13時ですから丁度良いというか、ぎりぎりセーフというか、そんな時刻。
5年前の節分会に母と一緒にお参りしたときにはスゴイ人出で壬生狂言を拝見することはできませんでしたが、この度はそれほどの人出でもなく、余裕で入場できました。(席はほぼ満席になりましたけどね)
一般的に狂言というとシテ(主役)とかアド(脇役)が面白可笑しく台詞を話し演技する様子が思い浮かびますが、壬生狂言は台詞が一切無くて、笛と太鼓と鐘のお囃子に合わせての演技だけになります。
なかなか興味深い体験でした。
演目は6つあって最後まで拝見すると17時30分くらいまでかかるのですが、ムームーさん達とのお食事に遅れてしまうので途中で退席しました。
それでも充分堪能させていただきました。
母が見たら喜んだでしょうね。

[PR]
by uncleXML | 2012-10-09 03:51 | 歳時記
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 喪中はがき 喫茶バオバブ >>