◆ 母のこと(哀憫)
昨日(5月11日)の昼前、出勤中の私に病院(看護師さん)から電話がかかって来ました。
何事かと思いつつ話を聞くと、母が電話して欲しいと言っているとのこと。
で、彼女の携帯にかけると「今どこ?」(出かける時に「会社に行って来るからね」と言っておいたのに)、「会社です」と答えると「どこの会社?」、「私があなたのことをどれだけ心配しているか分かっているの?」、「何時になったら帰って来るの?」と分かったような解らないような話。
「直ぐに帰るから」と伝えて病室に戻るや否や、いきなり「あんた何を隠しているの?」と来た。
どうやら4人部屋の人達と私がひそひそ話をして自分をどうにかしようと企んでいると思い込んだようですが、私にしてみれば情けないやら悔しいやらで腹が立って仕方がありませんでした。
いくら病人でも酷過ぎる。
そんなに私のことが信用出来ないのか。
今までやって来たのは何だったのかと。
昨日は半日、半認知症状態の母に随分話し掛けました。
時には怒りもしました。
今は私を信頼していると言っていますが、出勤等で姿が見えなくなるとまた疑心暗鬼に陥るかもしれません。
哀れにも思いますが、情けなくもあります。
挫けそうですよ、ホント。

[PR]
by unclexml | 2012-06-12 06:29
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 母のこと(出血) 母のこと(個室) >>