◆ 母のこと(痛み)
昨日(6月4日)の夕方、定時に会社を出て病院へ行ってみると、母はガウンを着たまま布団を被り、「寒い!」と言って震えていました。
「また熱が出だしたな」と思いつつ電気毛布を掛けてもらって様子を見ていると、お腹の右寄りの所がとても痛いと言い出しました。
急いでナースコールをすると、まだ病院にいた主治医も来てくれて痛み止めの点滴をすることになりました。
点滴を始めて30分以上経った頃、漸く症状が収まり、「寒い」が「暑い」に変わって発熱も安定状態になったことが窺えました。
あんなに痛みを訴えたのは初めてです。
癌は確実に母の身体を蝕んでいるのでしょう。
治る希望の無い母が苦しむ様子を見るのは忍びなく、本人が言うように早く楽にさせてやりたいような気もします。
ともあれ、今朝病室を覗いたときには穏やかな表情で、少しホッとしました。

[PR]
by unclexml | 2012-06-05 08:11
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 母のこと(個室) 母のこと(遺影) >>