◆ モーリス・ユトリロ展
b0008289_19514829.jpg
9月9日から10月17日まで、ジェイアール京都伊勢丹7階にある美術館「えき」で「モーリス・ユトリロ展」が開催されております。
ユトリロといえば、父が好きな画家でもありました。
その作品のイメージは、「白」
しかし、今回展示されているものの中にはベルナール・ビュッフェを想わせるシャープな輪郭の作品やカラフルな色彩の絵も多く、認識を新たにさせられる思いがしました。
まあ、正直に言って「これ!」って作品は無かったように思いますけどね。
以前訪れたときには『着物の方は入館無料です』と言われたのですが、今回は有料…。(そのときが特別だったのでしょうね…)
しかし、私は「伊勢丹アイカード」の会員なので送られて来た冊子を見せるとひとり分は無料。受付でカードを提示すると2割引になります。
つまり、ふたりで2,000円のところ、800円で済みました。
折角年会費を払っているのですから、こういう特典を利用しないと損ですよね。

[PR]
by uncleXML | 2010-09-14 04:35 | ミュージアム
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 民主党代表選挙 単衣の着物に袋帯 >>