◆ 盛夏の着物
b0008289_20122436.jpg
鍵善でくずきりをいただいた後、襟元に汗染みのできた単衣の大島を洗いに出すために「だいやす」さんへ。
丸洗いかと思っていたら部分洗いで大丈夫と言われ、かなり安く収まりました。
折角なので二階に上がり、母の夏物の帯を探していただくも予算内で気に入ったものが見つからず、また今度ということに。
ま、夏用の帯が無いわけじゃありませんから、焦る必要もありません。
ならばと私の盛夏の着物を探してもらったら今度は丁度良いのがありました。(柄はこんな感じ↑)
痩せて小柄で手も短い私にぴったりの古着なんてそうあるものではありませんが、こちらに来ると見つかることが多いんですよね。
値段も手頃だ(というか、安い!)し、即決。
夏場には二枚は欲しいと思っていたので良い買い物ができました。
この日は珍しく独りで来られている男性がいたのですが、残念ながら気に入ったものは無かったようです。
生地を買って仕立てればお金はかかる代わりに簡単ですが、古着は運が必要ですね。

[PR]
by uncleXML | 2010-07-08 04:34 | 着 物
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< カントリーハウス英國屋 姫睡蓮2010 4号開花 >>