◆ 鹿と桜
b0008289_21133156.jpg
奈良公園で特徴的なことといえば、何と言っても鹿。
広大な公園の中に無数の鹿がノンビリとたむろしています。
時には街に出て大切に育てている植物を食べるなどの悪さもするようですが、大抵は公園の草を食み、穏やかに過ごしているように見えます。
安芸の宮島にも鹿がいますが、質が悪くて観光客を襲う(手荷物を狙う)こともあるとか。
鹿せんべいを買ったばかりに鹿にまとわりつかれて大変な思いをしたなんてことは奈良でもあるようですが、一般的には大人しいものです。
先日、そんな鹿がボウガンで撃たれて死亡する事件がありました。
日本人(とは限りませんが…)は罪の無いものを殺して喜ぶような心をいつから持ち始めたのでしょうか…。
最近は特に「命」が軽く扱われているように感じます。
この穏やかな光景が壊されることの無いよう、心から願います。

[PR]
by uncleXML | 2010-04-02 04:37 | 花鳥風月・季節物
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< カメラ目線 大収穫 >>