◆ お堂でみる阿修羅
b0008289_21265934.jpg
阿修羅像がやっと巡業から帰って来ました。(お疲れ様)
普段は興福寺の国宝館に安置されていますが、10月17日から11月23日まで阿修羅像をはじめとする八部衆、釈迦十大弟子像の現存する天平乾漆像14躰すべてを仮金堂で拝見することができます。
国宝館では赤っぽく見える阿修羅像ですが、仮金堂ではライティングの効果で白っぽく輝く感じに見えました。
素晴らしく感動的な光景でしたよ。
初日からもの凄い人出だったようですが、私は閉館1時間くらい前に行ったので人は少なく、静かに落ち着いて拝見することができました。
特に最後の30分はそれ以上人が入って来ない(券売終了)ので、段々貸切状態に…。
作戦大成功というか、至福のひと時でありました。
阿修羅の背中は見られませんが、国宝館では不可能なアングルで見られるのも興味深いところ。しかし、やや距離がある(正面は近くで見られます)ので双眼鏡を持参されることをオススメします。
そして帰りはいつものように「かめや」さんに寄って、「洋食焼き」と「五目焼きそば」と「牡蠣バター」で〆ましたとさ。

[PR]
by uncleXML | 2009-10-18 08:26 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< 阿修羅Tシャツ 御影堂(東寺) >>