◆ シルキア奈良のクリスマスツリー
b0008289_19104698.jpg
(2008/12/14 撮影)
さて、こちら(↑)は、シルキア奈良のクリスマスツリー。
JR奈良駅まで歩いたついでに寄ってみました。
子供の後ろ姿とスノーマンが、なんか微笑ましい…。
元気にはしゃぐ子供を見ると、その元気を分けてもらえるような気がするバアさんとおっちゃんでございます。
本日、また母を近畿大学奈良病院へ送って行きました。
前回、母は『白板症ではないかと思いますが、次回(20日)までに生検を受けるかどうか決めておいてください』と言われたと言うのですが、私は何故医師が白板症について詳しく説明し、積極的に生検を勧めないのか、その判断を患者に委ねるのか、釈然としませんでした。
それというのも、ネットで調べてみると白板症は5~10%程度の確率で癌化する危険性があると分ったのですが、それなら検査するのが当たり前ではないかと思ったからです。
で、今回は私も診察室に入れてもらって、率直にそのことを質問したところ、『検査を勧めましたが、お母さんが嫌だと言われるので、こちらとしてはそれ以上無理強いはできないのです』という答え。
納得です。
現時点では白板症を疑うが、検査をしない限り断定はできない。また、何だか分らないままでは今後の処置もし辛い。
ということですね。
ごもっとも。
私からも母に検査を受けるよう勧め、その場で組織を採取していただきました。
白板症と診断されたら、悪い方向に進んでいないか定期的に健診を受けることになりますが、その方が安心ですし、いつまでも不安を抱き続けるだけというのもアホらしいですからね。
次回の診察は1週間後の27日。
そのときにはまだ生検の結果は出ていないかもしれませんが、気分的にはスッキリして次への心の準備ができたように思います。

[PR]
by uncleXML | 2008-12-20 20:08 | 花鳥風月・季節物
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< ホテル日航奈良のクリスマスツリー JR奈良駅旧駅舎 >>