◆ JR奈良駅旧駅舎
b0008289_20335536.jpg
むかしむかし、まだ私が少年で、父は元気で心臓を患っているとは思いもせず、母も若くて美しかった頃のある日、夜が明けぬうちに倉敷の自宅を出て奈良に日帰り旅行をしたことがありました。
当時は泊りがけの旅行ができるような経済的余裕が無かったのですが、それはそれで楽しいものでした。(家族旅行なんて滅多にできるものではありませんでしたし、電車に乗れるというだけで有頂天…)
普段から時刻表を見るのが好きだった父に従って大阪駅から難波に出て、近鉄奈良線で奈良へ。
もう覚えてはいませんが、途中、今住んでいる生駒も通ったわけですね。
着いた時刻が早過ぎて駅の周りの店はまだ閉まったまま…。
タクシーの運転手に聞くと国鉄(古っ!)の駅前の店は開いているというのでそこまで乗せてもらい、朝食を取ったことをおぼろげに記憶しております。(何故か生卵が今でも鮮明に…)
そのとき見た駅舎がこれ(↑)でした。
今は建て替えられて普通の駅舎になっておりますが、取り壊されずに保存されたこの旧駅舎を見る度にそのときのことを懐かしく想い出すのであります。

[PR]
by uncleXML | 2008-12-19 04:33 | 名所(大和の国)
一票入れる ←ランキング参加中。 貴方の一票(1日1クリック)が、このBLOGの支えです。 只今の順位
<< シルキア奈良のクリスマスツリー かすがのいざかわのさかうえのみささぎ >>